ふるさとの伝承
Folk tales around OISHI



笠石

 生石山の山頂近くにあり、生石高原のシンボル的存在の大岩。弘法大師空海が護摩修行を行った場所であると伝えられており、その名の由来は、弘法大師がここに置いた笠が見る間に大きくなったからであるとも伝えられている。真偽のほどは別にして、この岩の上に昇って見下ろす下界の眺めはまさに絶景。