紀州 民話の旅

本ページの内容は、昭和57年に和歌山県が発行した「紀州 民話の旅」を復刻したものです。施設整備、道路改修等により、現状は記載内容と異なっている場合がありますので、ご注意ください。

お雪の墓

〜串本町大島〜




 大島は、太平洋戦争の頃まではむしろ、串本の町より賑わった。とくに徳川三百年の間。江戸へ通う船乗りたちのオアシスとして重宝された。
 当時は、これら船乗り目あての遊郭も多く、水を積みこむ間に、男たちは遊んだ。なかでも「お雪」と名のる遊女は、船乗りたちのあこがれだったのか、世襲のように三代続いたという。

 大島 水谷 かかりし船は お雪みたさの汐がかり

 「串本節」にまで歌われたお雪は、まこと大島繁栄の功労者だったのだろうか。大島港から正面に見上げる蓮生寺に残るその墓には、いまも紫煙の絶えることがない。

(メモ:大島へは巡航船かフェリーで10分。蓮生寺は大島港から歩いて5分。島のタクシーを利用すれば、日米修交記念館やトルコ記念館、樫野崎灯台など島内の名所を案内してくれる。)

※平成11年に大島架橋が完成し、大島は串本と地繋がりになった。樫野崎灯台手前には大規模な駐車場が整備されている。






「紀州 民話の旅」タイトルページへ戻る


地図から探す