復刻版 「紀州 民話の旅」


 和歌山県では、昭和57年に「紀州 民話の旅」という小冊子を発行しました。

 この冊子は、県内の各地に伝えられているさまざまな民話や伝承、史跡の由来、実在の物語などを市町村ごとに収録した労作です。
 しかし、残念ながら製作部数が限られており、その大半が市町村など関係機関に配布されたものの、20年近く経過した現在では新たに入手することはほぼ不可能となっています。

 そこで、ここに「紀州 民話の旅」に収録されたすべての物語を再現し、インターネットを通じて一人でも多くの方々に伝えたいと思い、このページを作成しました。

 これらの物語を一つ一つひもとくうちに、皆さんは普段なにげなく見ている道々の木々や山川、あるいは土地の名前にも、実は何百年、何千年という歴史の想いがこめられていることに気づくでしょう。そして、神武東征以来の古い歴史を持ち、「熊野」「高野」という世界有数の宗教的聖地であるとともに、昭和中期まで海上交通の要所として全国の流通の大動脈を支えてきたこの「ふるさと和歌山」を、また新たな視点から見つめ直すきっかけとしていただければ、私にとってこれ以上の幸せはありません。
(なお、このコーナーでは「紀州 民話の旅」の表記に基づいて市町村名を記載しています。このため、合併により市町村名や境界が現在のものとは異なっている地域がありますので、あしからずご了承ください。)



一覧表から探す         地図から探す



なお、このページはあくまでも新谷垣内個人が作成しているものですので、このページの内容及び公開に関する全ての責任は新谷垣内にあります。