戻る
ご注意
 ここに書かれている内容は、個人的に該当する親機(ホームステーション等)の子機登録用の説明書を入手し、その内容を自分なりにわかりやすく書き直したものです。オリジナルを無くしたときのための覚え書きに過ぎません。登録手順は自分で実際にやってみて確認していますが、その内容を保証するものではありません。登録する子機によってはうまくいかない場合があるかもしれません。
 これをご覧になったことが何かの参考になれば幸いですが、参考になることを目的としたものではありません。ここの内容を参考にされる場合は、どうか、ご自分の責任の元に行ってください。

PHS親機子機登録手順

901P903U902UMO-510

◆901P◆

松下製パルディオホームステーション。最大4台までの子機が登録可能。
現在未使用

子機の登録

■901P側の操作その1
  1. 接続措置の電話コード差し込み口から電話コードを抜いておく。
  2. 接続措置の電源アダプタを電源コンセントに差し込み電源をONにする。
■子機側の操作その1
  1. 保留/内線ボタンを押しながら電源ボタンを2秒以上押して電源ON。
  2. 再送ボタンを押す。
  3. 1を押す
  4. 電話機に登録する内線番号を押す(01〜04と2桁で入力する)。
  5. 暗証番号(02〜08)を押す。暗証番号は登録しようとする内線番号の2倍の数字。内線番号1の場合は「02」。
■901P側の操作その2
  1. 接続装置後部の子機設定スイッチを押す。
  2. 接続装置後部のセキュリティスイッチを増設する電話機の内線番号の数字の回数分だけ押す。
■子機側の操作その2
  1. 内線/保留ボタンを押す。(親機への登録の開始)
  2. 終了後、「ピー」という完了音が鳴る。
  3. 通話ボタンを押す。
  4. もう一度通話ボタンを押す。

「901P側の操作その2」から「子機側の操作その2」は30秒以内に行うこと。


子機の登録消去

901P側の子機登録情報の消去と子機自身の登録情報の消去の2段階の消去が必要。まず、901P側の登録情報を消去し、つぎに子機側の登録情報を消去する。あらかじめ、消去しようとする親機のモード(HS1あるいは複数の親機に登録できる子機の場合は登録情報を消去しようとする親機のモード)に子機を設定しておく。

■901P側の子機登録情報の消去
操作は子機側でのみ行う。901P側は操作不要。
  1. 保留/内線ボタンを押しながら電源ボタンを2秒以上押して電源ON。
  2. 再送ボタンを押す。
  3. #を押す。
  4. 0を押す。
  5. 消去したい内線番号を表示させた状態で(内線番号が2ならば「2-1」)、「*」を押し「0」を押す。
  6. 「ピー、ピピピピ」という完了音が鳴り、「2-0」の表示となる(先頭の2は消去しようとする親機に登録された内線番号。内線番号が1の場合は1-0となる)。
  7. 切ボタンを押す。
  8. 通話ボタンを押す。
■子機側の登録情報の消去
操作は子機側でのみ行う。901P側は操作不要。
  1. 保留/内線ボタンを押しながら電源ボタンを2秒以上押して電源ON。
  2. 再送ボタンを押す。
  3. #を押す。
  4. 1を押す。
  5. 子機に登録されている内線番号を確認する。複数の親機に登録している子機の場合は、#または*を押して登録情報を削除しようとする親機番号と内線番号を選択する。
  6. 消去したい親機番号と内線番号を表示させた状態で保留/内線ボタンを押す。
  7. その子機の内線番号が表示されるので、同じ番号のボタンを押す。「ピー」という完了音が鳴り、「トウロクOK」の表示となる。
  8. 通話ボタンを押す。


901P側の子機登録情報を全消去する場合
子機側の操作はいっさい不要
  1. 901Pの電源コードをコンセントから抜き、電源をOFFにする。
  2. 電源コードをコンセントに差し込み電源をONにする。(電源ランプ点灯)
  3. 電源ランプ点灯後、接続装置後部の子機設定スイッチとセキュリティスイッチを同時に押す。

参考文献:パルディオホームステーション901P登録用説明書


◆903U◆

ユニデン製パルディオホームステーション。最大7台までの子機が登録可能。
312S、311P、AT-15、331S、611Sを子機に登録して使用中。

子機の登録

■903U側の操作
  1. 903Uの電源コードをコンセントから抜き、電源をOFFにする。
  2. 電源コードをコンセントに差し込み電源をONにする。(電源ランプ点灯)
  3. 電源ランプ点灯後、約15秒以内に903U底面のメンテスイッチを1回押す。(903U前面の外線ランプが早く点滅をはじめ約5秒後にゆっくりの点滅にかわる。)
■子機側の操作
  1. 保留/内線ボタンを押しながら電源ボタンを2秒以上押して電源ON。
  2. 再送ボタンを押す。
  3. 1を押す
  4. 電話機に登録する内線番号を押す(01〜07)。
  5. 暗証番号(2桁)を押す。暗証番号は登録しようとしている903Uの呼出名称の下2桁(903U裏面に記載)。
  6. 903Uの外線ランプがゆっくり点滅しているのを確認して、内線/保留ボタンを押す。(親機への登録の開始)
  7. 終了後、「ピー」という完了音が鳴る。
  8. 通話ボタンを押す。
  9. もう一度通話ボタンを押す。
903Uは内線登録の準備完了後、約60秒でタイムアウトして異常終了してしまうので、準備完了後はすばやく子機の登録作業を行うこと。


子機の登録消去

903U側の子機登録情報の消去と子機自身の登録情報の消去の2段階の消去が必要。まず、903U側の登 録情報を消去し、つぎに子機側の登録情報を消去する。

■903U側の子機登録情報の消去

●903U側の操作
  1. 903Uの電源コードをコンセントから抜き、電源をOFFにする。
  2. 電源コードをコンセントに差し込み電源をONにする。(電源ランプ点灯)
  3. 電源ランプ点灯後、約15秒以内に903U底面のメンテスイッチを1回押す、さらにもう1回押す。(903U前面の外線ランプが早く点滅をはじめ約5秒後にゆっくりの点滅にかわる。)
●子機側の操作
  1. 保留/内線ボタンを押しながら電源ボタンを2秒以上押して電源ON。
  2. 再送ボタンを押す。
  3. #を押す
  4. 0を押す。
  5. 903Uに登録されている内線番号を確認する。
  6. 消去したい内線番号を表示させた状態で、「*」を押してから「0」を押す。
  7. 「ピッピッピッ」という音が鳴って登録なしの表示となる。
  8. 切ボタンを押す。
  9. さらに、201U、313P、311N等の場合は、通話ボタンを押す。
■子機側の登録情報の消去
操作は子機側でのみ行う。903Uは不要。
  1. 保留/内線ボタンを押しながら電源ボタンを2秒以上押して電源ON。
  2. 再送ボタンを押す。
  3. #を押す。
  4. 1を押す。
  5. 子機に登録されている親機番号と内線番号を確認する。
  6. 消去したい屋内番号と内線番号を表示させた状態で保留/内線ボタンを押す。
  7. 消去する内線番号を押す。「ピー」という完了音が鳴る。
  8. 通話ボタンを押す。(314S、315S、317S、ドラえホンでは不要)


903U側の子機登録情報を全消去する場合
子機側の操作は不要
  1. 903Uの電源コードをコンセントから抜き、電源をOFFにする。
  2. 電源コードをコンセントに差し込み電源をONにする。(電源ランプ点灯)
  3. 電源ランプ点灯後、約15秒以内に903U底面のメンテスイッチを1回押す。(903U前面の外線ランプが早く点滅をはじめる。)
  4. 外線ランプが早く点滅してから約5秒以内に、メンテスイッチを1回押す。(903U前面の外線ランプが約1秒間点灯したあと、ふたたび早く点滅をはじめる。)
  5. 外線ランプが早く点滅してから約5秒以内に、メンテスイッチをさらにもう1回押す。(903U前面の外線ランプが約5秒後にゆっくりの点滅にかわる。)
  6. 外線ランプがゆっくりの点滅にかわってから、約15秒以内にメンテスイッチを3回連続で押す。(903U外線ランプが約2秒間点灯したあと消灯する。)
※メンテスイッチを3回連続で押すときは、1回目から3回目までを約2秒間以内に押すこと。

参考文献:パルディオホームステーション903U登録用説明書


◆902U◆

ユニデン製パルディオホームステーション。最大7台までの子機が登録可能。

子機の登録

■902U側の操作
  1. 902Uの電源コードをコンセントから抜き、電源をOFFにする。
  2. 電源コードをコンセントに差し込み電源をONにする。(電源ランプ点灯)
  3. 電源ランプ点灯後、約15秒以内に902U底面のメンテスイッチを1回押す。(902U前面の外線ランプが早く点滅をはじめ約5秒後にゆっくりの点滅にかわる。)
■子機側の操作
  1. 保留/内線ボタンを押しながら電源ボタンを2秒以上押して電源ON。
  2. 再送ボタンを押す。
  3. 1を押す
  4. 電話機に登録する内線番号を押す(01〜07)。
  5. 暗証番号(2桁)を押す。暗証番号は登録しようとしている902Uの呼出名称の下2桁(902U裏面に記載)。
  6. 902Uの外線ランプがゆっくり点滅しているのを確認して、内線/保留ボタンを押す。(親機への登録の開始)
  7. 終了後、「ピー」という完了音が鳴る。
  8. 通話ボタンを押す。
  9. もう一度通話ボタンを押す(101S/102S/201S/202S/203S/301S/311S/312Sの場合は切ボタンを押す)。
902Uは内線登録の準備完了後、約60秒でタイムアウトして異常終了してしまうので、準備完了後はすばやく子機の登録作業を行うこと。


子機の登録消去

902U側の子機登録情報の消去と子機自身の登録情報の消去の2段階の消去が必要。まず、902U側の登 録情報を消去し、つぎに子機側の登録情報を消去する。

■902U側の子機登録情報の消去

●902U側の操作
  1. 902Uの電源コードをコンセントから抜き、電源をOFFにする。
  2. 電源コードをコンセントに差し込み電源をONにする。(電源ランプ点灯)
  3. 電源ランプ点灯後、約15秒以内に902U底面のメンテスイッチを1回押す、さらにもう1回押す。(902U前面の外線ランプが早く点滅をはじめ約5秒後にゆっくりの点滅にかわる。)
●子機側の操作
  1. あらかじめ、子機を屋内モードに設定しておく。
  2. 保留/内線ボタンを押しながら電源ボタンを2秒以上押して電源ON。
  3. 再送ボタンを押す。
  4. #を押す
  5. 0を押す。
  6. 902Uに登録されている内線番号を確認する。
  7. 消去したい内線番号を表示させた状態で、「*」を押してから「0」を押す。
  8. 「ピッピッピッ」という音が鳴って登録なしの表示となる。
  9. 切ボタンを押す。
  10. さらに、101U/102U/201U/103P/201P/311P/等の場合は、通話ボタンを押す。
■子機側の登録情報の消去
操作は子機側でのみ行う。902Uは不要。
  1. 保留/内線ボタンを押しながら電源ボタンを2秒以上押して電源ON。
  2. 再送ボタンを押す。
  3. #を押す。
  4. 1を押す。
  5. 子機に登録されている親機番号と内線番号を確認する。
  6. 消去したい屋内番号と内線番号を表示させた状態で保留/内線ボタンを押す。
  7. 消去する内線番号を押す(201U/101H/102H/102Yでは頭に0をつける)。「ピー」という完了音が鳴る。
  8. 通話ボタンを押す。(101S/102S/201S/202S/203S/301S/302S/312S/101P/102Pでは不要)


参考文献:パルディオホームステーション902U登録用説明書


◆MO-510◆

京セラ製親機。最大7台までの家庭・トランシーバー用子機が登録可能。トランシーバー専用子機はさらに10台まで登録可能。
DL-S26P、TN-PZ5、PHS-J70を子機登録して使用中。

■MO-510側の操作
  1. 登録/設定ボタンを押しながら親機本体の電源を入れる。
  2. 4桁の任意の暗証番号を入力する。暗証番号は子機側の登録操作で必要なので覚えておくこと。
■子機側の操作(家庭・トランシーバー子機登録の場合)
  1. 1、5、#ボタンを押しながら電源を入れる。
  2. 子機番号を押し(1〜7)、#ボタンを押す。
  3. 先に親機側に入力した暗証番号4桁を押し、#ボタンを押す。
  4. グループ番号(1〜3)を押し、#ボタンを押す。
    ・子機番号1−−−>グループ番号1
    ・子機番号2−−−>グループ番号2
    ・子機番号3〜7−>グループ番号3
  5. 親機2台に登録できる端末の場合は、ここで親機番号と#ボタンを押す(例:TN-PZ5等)。
  6. 親機と子機がピーと鳴り、子機側に「トウロクカンリョウ」の表示が出たら登録成功。
■子機側の操作(トランシーバー専用子機登録の場合)
  1. 1、5、#ボタンを押しながら電源を入れる。
  2. トランシーバー子機番号を押し(8〜17)、#ボタンを押す。
  3. 先に親機側に入力した暗証番号4桁を押し、#ボタンを押す。
  4. 4を押し、#ボタンを押す。
  5. 親機と子機がピーと鳴り、子機側に「トウロクカンリョウ」の表示が出たら登録成功。

「MO-510側の操作」から「子機側の操作」完了までを60秒以内に行うこと。

参考文献:子機増設マニュアル(MO-510添付)


戻る

(1999/08/25よりカウント)