戻る

CD-ROMも使えるDOSモード起動フロッピーを作る

 ハードディスク内のファイルだけでなくCD-ROM内のファイルが読めるように起動フロッピーの設定を変更してみる。

 DOSモードでCD-ROMを扱うためにはCD-ROMドライブ用のデバイスドライバとMSCDEX.EXEという実行ファイルが必要だ。CD-ROM用のデバイスドライバはCONFIG.SYSで組み込み、MSCDEX.EXEはAUTOEXEC.BATで組み込む。Windwos95以降にパソコンを使いだした人にとってはCONFIG.SYSって何?AUTOEXEC.BATって何?という感じかもしれないが、DOSモードでCD-ROMを使うためには仕方ないと思ってあきらめよう。

フォルダの表示方法を変更する

 その前に、以降の作業を行うために、フォルダの表示方法を変更しておく。 マイコンピュータのメニューバーから(マイコンピュータでなくてもいいが)、「表示(V)→フォルダオプション(O)」を選択して、フォルダオプションのダイアログを開く。
 表示タブをクリックして、詳細設定の「登録されているファイルの拡張子は表示しない」のチェックを外し、「すべてのファイルを表示する」を選択する。
フォルダの表示設定
 以上の設定が終わったら、OKボタンをクリックしてダイアログを閉じる。


必要なファイルのコピー

 CD-ROM用のデバイスドライバとMSCDEX.EXEを用意する。
 CD-ROMドライブ用のデバイスドライバはCD-ROMドライブの種類、具体的にはATAPI接続かSCSI接続かによって異なる。SCSI接続ではSCSIインターフェイスカードごとにデバイスドライバが違うのでちとややこしい。たいていのパソコンに内蔵されているCD-ROMドライブはATAPI接続なので、ここではATAPI接続のCD-ROMドライブ用に設定することにする()。

 ATAPI接続のCD-ROMドライブ用デバイスドライバは、Windows98がインストールされたフォルダ内の\COMMAND\EBDフォルダの中にあるOakcdrom.sysだ。このOakcdrom.sysを先に作成したDOSモード起動フロッピーにコピーする。
 MSCDEX.EXEもコピーしよう。MSCDEX.EXEはWindows98がインストールされたフォルダ内の\COMMNADフォルダにある。

Oakcdrom.sysのありか
 C:\WINDOWS\COMMAND\EBD\Oakcdrom.sys
MSCDEX.EXEのありか
 C:\WINDOWS\COMMAND\MSCDEX.EXE

CONFIG.SYSとAUTOEXEC.BATをつくる

 2つのファイルがコピーできたら、フロッピー内にCONFIG.SYSとAUTOEXEC.BATを作成する。
 メモ帳を起動し、それぞれ次のように入力して、フロッピー内にCONFIG.SYS、AUTOEXEC.BATの名前で保存する。

CONFIG.SYS
DEVICE=OAKCDROM.SYS /D:MSCD001 
FILES=10
BUFFERS=10
LASTDRIVE=Z
AUTOEXEC.BAT
ECHO OFF
SET COMSPEC=A:\COMMAND.COM
MSCDEX.EXE /D:MSCD001 /L:Q
 CD-ROMが使える起動フロッピーには次のように8つのファイルが入っている。
起動フロッピーの内容(英語モード&CD-ROM使用可)
 この起動フロッピーで起動させると、CD-ROMドライブはQドライブになる。CD-ROMドライブをQドライブ以外にしたいときは、AUTOEXEC.BATの3行目のMSCDEX.EXEの/Lオプションを変更する。
 たとえば、CD-ROMドライブをGドライブにしたいときは、3行目を次のように変更する。
MSCDEX.EXE /D:MSCD001 /L:G


日本語キーボードに対応させる

 ここで作ったDOSモード起動フロッピーもまた英語DOSモードで起動する。DOSモードの起動フロッピーが必要なツールはたいてい英語DOSモードを必要とするから英語DOSモードで起動すれば十分だ。しかし、この起動フロッピーではキーボードのキー配置が英語キーボード用になっている。英語キーボード対応でもべつに問題はないが「:」の入力等でとまどうこともあるので、日本語キーボードのキー配置に対応させてみる。

 CD-ROMを扱えるようにしたのと同様に、CONFIG.SYSに日本語キーボード用のデバイスドライバを組み込む。キーボード用ドライバはJKEYB.SYS、そのデータファイルがJKEYBRD.SYSだ。それぞれ、Windows98がインストールされたフォルダ内の\COMMAND\EBDフォルダの中にある。
JKEYB.SYSのありか
 C:\WINDOWS\COMMAND\EBD\JKEYB.SYS
JKEYBRD.SYSのありか
 C:\WINDOWS\COMMAND\EBD\JKEYBRD.SYS

 上の2つのファイルを起動フロッピーにコピーし、CONFIG.SYSに次の1行を追加する。
DEVICE=JKEYB.SYS /106 JKEYBRD.SYS
 AUTOEXEC.BATの変更は必要ない。
 日本語キーボードに対応したCONFIG.SYSをあらためて書き出すと次のようになる。

CONFIG.SYS(日本語キーボード対応版)
DEVICE=OAKCDROM.SYS /D:MSCD001 
DEVICE=JKEYB.SYS /106 JKEYBRD.SYSFILES=10
BUFFERS=10
LASTDRIVE=Z


 ついでだから、日本語DOSモードの起動フロッピーもつくってみる。あまり使い道はないかもしれないが……。

日本語DOSモード起動フロッピーをつくる


(注)
 ノートパソコンなどで、PCカードを使ってCD-ROMを接続する場合はさらにカードサービスとソケットサービスの設定が必要になる。わたしはノートパソコンをもっていないのでよくわからないが、ノート内蔵のCD-ROMドライブはATAPI接続らしいので上記の設定でうまくいくと思う(自信なし)。