台湾語 台湾語学習 台湾語の学習資料 台湾語の勉強 台湾語会話 台湾語入門 台湾語の発音 ビンナン語 福建語 台語 台湾語辞典

台湾語の学習教材 学習方法 参考書

中国語の方言 台湾語の学習教材

台湾語の特徴

文法的には中国語と似ています。
台湾語は元来文字を持たない言語です。そのためローマ字で表記したり、発音の似た漢字をあてはめたりしています。

声調(音の高低のパターン)は7つあって中国語より多いです、
またやっかいなことに「転調」と言って単語はその単語を一語だけで発音する時と文中で続けて発音する時は声調が変化します。

語彙面ではかつての日本による植民地統治の影響から日本語からの借用がかなり混じっています。
例えば、「オジサン」、「オバサン」などです。
台北と台湾中南部では多少の発音の違い、語彙の違いがあります。
例えば「日本」は台北では「リップン」、中南部では「ジップン」。

それと広東語独特の漢字があります。例えば「有」という漢字の「月」の部分から横線2本を取り除いた漢字、「モウ」と発音して「無い」の意味。

台湾語学習のポイント

台湾語には決まった表記体系が確立されていないために学習書によって表記法がまちまちなのがわずらわしいです。

上述の「転調」があるためこの規則を覚えるのは大変に思われますが、これは文例をたくさん暗記していくうちに自然と身につきます。
日本語でも転調があって「東京」と「銀行」という単語をそれぞれ発音した時と、「東京銀行」 と続けて発音した時は「「銀行」の音に変化がおこるようなものです。
日本人は特に意識しないで自然とやっていますが外国人が日本語を学ぶ時はやはり日本語の転調はやっかいだと聴いたことがあります

台湾語の学習教材

日本では台湾語の学習教材は少ないですが台湾の書店に行けばかなりあります。
特に台湾大学近くの「南天書局」という本屋さんには数多くあります。
なおこの南天書局 には客家(はっか) 語関係の学習書、かなり古い時代の台湾語関係の復刻版もあります。

書籍名 CD BOOK 台湾語会話フレーズブック 著者 趙怡華
出版社 明日香出版社 価格 ¥3,045 tamaのおすすめ度 ★★★★★
tamaコメント CD3枚つきで日本語、台湾語、台湾華語(台湾で話されている中国語)が収録されており、台湾語と平行して中国語も学べる。
台湾語も中国語の方言の1種なので中国語とは文法的に似ている点が多い。
そのため中国語の知識がある程度ある学習者にとっては中国語が並列して収録されているのは学習の助けになります。
状況別に、よく使う会話表現が掲載されておりボリューム十分なこれまでにない本格的な台湾語会話集です。

書籍名 (まずはここから!)やさしい台湾語カタコト会話帳 著者 趙怡華
出版社 すばる舎 価格 ¥1,365 tamaのおすすめ度 ★★★★
出版社コメント 台湾語と台湾華語(北京語)と対照する形で掲載し、全フレーズに発音ルビと抑揚(声調)の表示が付いています。
挨拶からラブラブトークまで……基本的な言葉から、すぐに使える一言が満載です!

書籍名 DVD版 やさしい台湾語 カタコト会話帳 著者 趙怡華
出版社 すばる舎 価格 ¥2,940 tamaのおすすめ度 ★★★★
出版社コメント 現地で使われる台湾語及び台湾華語(北京語)を収録し、比較しながら2言語を学習できます。
また、旅先のシチュエーション別に掛け合い形式を織り交ぜながらレクチャーしていくので、実際に現地を訪れた感覚で学べます。
旅行やビジネスで役立つこと、間違いなし! 台湾語学習をバックアップする電子テキスト付き。
*tama 注:本書は上記の「(まずはここから!)やさしい台湾語カタコト会話帳」 の内容をそのままDVD化したものではないので注意。

書籍名 ニューエクスプレス 台湾語 著者 村上嘉英
出版社 白水社 価格 ¥2,730 tamaのおすすめ度 ★★★★★
tamaコメント CD付き。発音表記はローマ字。
著者は台湾語の大家です。
語学書専門の白水社の本だけによくまとまっていて発音、文法、会話の基礎的知識がまんべんに身につきます。
ただこの「エクスプレス」シリーズの本のすべてに言えることだが誌面デザインに楽しさがなく少しとっつきにくい。
台湾語を本格的学習しようとする人の最初の1冊としてオススメです。

書籍名 はじめての台湾語 著者 趙怡華
出版社 明日香出版社 価格 ¥2,415 tamaのおすすめ度 ★★★★★
tamaコメント CD付き。発音表記はカタカナ。
会話中心で文法的な説明はほとんどなし。
例文は台湾語と中国語が併記されていてCDには両方の音声が収録されているので中国語の会話の習得にも役立ちます。
とりあえず台湾に行って台湾語を使ってみたいという人には一番のオススメ です。

書籍名 CD BOOK 絵でわかる台湾語会話 著者 趙怡華
出版社 明日香出版社 価格 ¥2,415 tamaのおすすめ度 ★★★★★
tamaコメント CD付き。発音表記はカタカナとローマ字の併用。
上述のはじめての台湾語と同じ著者の手によるもの。
短文の会話と単語話中心で文法的な説明はほとんどなし。
例文は台湾語と中国語が併記されていてCDには両方の音声が収録されているので中国語の会話の習得にも役立ちます。
前作と違ってローマ字による発音も併記されたのでより便利になってます。
はじめての台湾語と併用して学習すればかなりの会話力がつくこと間違いなしです。

書籍名 台湾語会話 著者 樋口靖
出版社 東方書店 価格 ¥2,310 tamaのおすすめ度 ★★★★
tamaコメント CD別売(3枚組)。発音表記はローマ字。
初級から中級まで総合的に学習できますが、基礎を学んだ向き用の1冊です。
別売CDの値段が高いのが難点。

書籍名 すぐ使える!トラベル台湾語―超入門! 著者 近藤綾 他
出版社 日中出版 価格 ¥2,310 tamaのおすすめ度 ★★★★★/td>
tamaコメント CD付き。発音表記はカタカナとローマ字の併用だがカタカナ表記に著者独特の声調記号を使っていて分かりやすい。
著者の祖父は台湾語の権威者の王育徳氏。
内容的には会話中心だが文法の説明も適当になされており、コラム欄ももうけられていて楽しく台湾語を学べる工夫がなされている。

書籍名 聴いて,話すための-台湾語基本単語2000 著者 鄭正浩
出版社 語研 価格 ¥6,038 tamaのおすすめ度 ★★★
tamaコメント CD別売。発音表記はカタカナとローマ字の併用。
台湾語の単語が分類してならべられているが例文はありません。
左ページに単語が右ページでその単語の練習ができるようになっている。
中級者以上の単語チェック用には最適です。

書籍名 一分鐘台語生活會話 著者 鄭如玲
出版社 三思社(台湾) 価格   tamaのおすすめ度 ★★★
tamaコメント CD付きのものあり。発音標記はローマ字で声調記号はありません。
台湾で出版されているもので、日常会話のみです。文法の説明は一切ありません。
例文のすべてが中国語→台湾語(女性の声)→台湾語(男性の声)の順に録音されています。
台湾人が台湾語を学ぶための学習書のため文章はすべて中国語です。
中国語が分かる方でとりあえず日常会話を覚えたいという人にオススメです。
CD3枚付きの本とセットで日本円2,500円ほどで台北駅の近くの重慶南路の書店街の店にはたいていおいてあります。

書籍名 一分鐘台語單字速成 著者 鄭如玲
出版社 三思社(台湾) 価格   tamaのおすすめ度 ★★★
tamaコメント CD付きのものあり。発音標記はローマ字で声調記号はありません。
台湾で出版されているもので、台湾語の単語の学習書です。文法の説明は一切ありません。
例文のすべてが中国語→台湾語(女性の声)→台湾語(男性の声)の順に録音されています。
台湾人が台湾語を学ぶための学習書のため文章はすべて中国語です。
中国語が分かる方で台湾語の語彙を増やしたい方にはオススメです。
CD3枚付きの本とセットで日本円2.500円ほどで台北駅の近くの重慶南路の書店街の店にはたいていおいてあります。

書籍名 東方台湾語辞典 著者 村上嘉英
出版社 東方書店 価格 ¥6,300 tamaのおすすめ度
出版社コメント 現代台湾語の常用語彙13500語を網羅。
台湾特有の事物や風俗習慣に関する語彙、新語、日本語からの外来語など多数収録。
収録した語には品詞表示を行い、語の用法や文法の説明、語釈の理解を助けるための解説を必要に応じて記載。
また適切な例文や用例を豊富に掲載。
付録には中国の朝代名、中国大陸と台湾の主要地名、世界の主要国名・地名などの重要な固有名詞や常用の助数詞などを収録。

「中国総合ランキング」に参加中です。
出来ましたら応援クリックしていただけますと幸いです。