不倫 中国の不倫 中国の離婚 離婚 中国人 中国女性/中国の不倫あれやこれや

あなたの知らない中国情報 中国の不倫 離婚

現在の位置 :あなたの知らない中国情報 トップページ>中国おもしろ情報>中国おもしろ情報 第2回 中国の不倫あれやこれや
中国情報 中国おもしろ情報 中国の不倫 離婚
 

第2回 中国の不倫あれやこれや

1996年5月15日更新




上海の街角(1996年6月撮影)
上海の街角(1996年6月撮影)
 


第2回目の中国おもしろ情報は少々不真面目ながら誰もが興味を持っている話題「不倫」をとりあげます。

 最近の中国では経済開放とともに精神面でも開放(?)が進み、都市部においては男女間の考えかたも欧米、日本に近づいてきており、離婚や不倫が増えつつあります。

なお、中国語で不倫の事は婚外恋(フンワイリエン)といい、不倫の相手のことは最近の言葉で第三者(ディーサンジョウ)といいます。
本来は日本語と同じ意味ですが、新しい意味が加わったようです。

 台湾の男性が中国大陸につくったガールフレンドは大陸妹(ダールーメイ)と呼ばれます。意味は読んで字の如く大陸の妹ということです。
かつて台湾の新聞が中国に長期滞在している台湾男性の半数以上が大陸に妹(大陸妹)をもっていると報じたことがあり、この記事を読んだ台湾の奥さん連中が大陸の旦那にいっせいに電話をしたために一時的に中国大陸の国際電話がマヒしたという噂が出たことありました。  

 中国大陸と台湾は政治的には対立しているようでも経済、民間レベルでの交流は想像以上に行われています。
これは日本人と違って言葉の面であまり苦労がないというのもひとつの理由です。そのため台湾男性は日本人男性にくらべて中国女性と仲良くなる(?)可能性が大きいと言えます。
まず最初に大陸妹(ダールーメイ)の実例を紹介します。  

 風光明媚な観光都市のK市に住む離婚歴のあるA子さん(30歳)は、ホテルの売店に勤務していた時に台湾人で旅行社を経営するB氏(60歳)と知り合い、B氏がたびたび仕事でK市を訪れるうちに親しい間柄になってしまった。
B氏は日本円で約300万円で一軒の家を買い取り、A子さん名義にして住まわせた。
B氏はK市滞在中はこの家に泊まり込んで生活を楽しんでいたが、ある時B氏の台湾人の友達がこの事を知ってB氏の奥さんに告げ口した。
激怒したB氏の奥さんはさっそくK市に乗り込んできて大騒ぎになった。
B氏の奥さんは家の金はB氏が出しているからA子さんに家を出ていく行くように要求した。
ショックでA子さんは睡眠薬を飲んで自殺を図ったが幸い一命をとりとめた。
最終的な話し合いの結果、B氏の奥さんも一緒に住むことになった。
B氏の奥さんがいなくなるのはビザの更新のため台湾な帰る時だけ。食事も三人いっしょ。
こんな奇妙な三角関係がもう10ヶ月も続いている。
ウソのようなホントの話です。

次は婚外恋(フンワイリエン)の実例です。
 地方都市から出てきて中国最大の都市P市で働いていたD子さん(23歳)は同郷の女性2名と共に新しい仕事を求めて、中国北部の大都市P市に移住。そこでアパートを1室借りて3人一緒に生活を始めた。
ホテルの売店に職を見つけ働いているうちに旅行社に勤める既婚者のE氏(33歳)と知り合い恋愛関係におちいった。
E氏は奥さんと別居中だったために同棲生活を始めた。
夕食だけは彼女達のアパートで4人一緒に食べる。
ところが、かつてのS市のボーイフレンド(23歳)がこの事を知り、P市に来てD子さんに復縁をせまった。
D子さんに拒絶された元ボーイフレンドは悲観のあまりD子さんの目の前で手首を切って自殺を図ったがすぐに病院に運んだために大した事にならずにすんだ。
最終的に彼はあきらめてS市に戻って行った。(ホテルの売店といい旅行社といい、自殺未遂といい、偶然上述のK市の例と同じ。但しE氏は純粋の中国人。)
このカップルはE氏の離婚がもうすぐ成立するのでめでたく結婚できるようになるそうです。そうしたらもう婚外恋(フンワイリエン)といわれることもない。
*P市に行った時にE氏のコネで2度ほど一流ホテルに40%引きで泊まることが出来た。彼は日本語ペラペラ。

続いてはS市在住の知り合いの中国人男性の妹(26歳)から直接聞いた話。
彼女はこれまで3回もS市の中国人から愛人契約を持ちかけられたそうな。
ちなみに1ヶ月の契約金額は一般人の給料の5倍位だったとか。
S市のような大都市では個人で商売を始めてそこそこの金持ちが増えてきたのでこんな話もでてくるようになったようです。
*彼女は日本人的な顔をしたきれいな女性です。中国語で「きれい」は漂亮(ピャオリャン)

  あと2例を簡単に挙げて終わりとします。

 中国人のボーイフレンドがいながら最近、台湾人のボーイフレンドを作って適当に遊んでいる発展型の中国人の女性(25歳)。
もちろん、中国人のボーイフレンドはこの台湾人の存在に気が付いていない。
*彼女には2回会ったことがあるが、色は少し黒いがスタイル抜群の女性。「スタイル抜群」は中国語で身材苗条(シェンザイミャオチャオ)

 勤務先のみやげ物店の社長に自ら接近して子供まで生んでしまって、そのため、社長の奥さんを別居に追いやってしまったK市の女性(30歳)。
今ではこの店の共同経営者としてらつ腕をふるっている。
K市でいまや知らない人はないとういう位、彼女は有名になってしまったそうだ。
*日本語の上手な彼女にはかつて、通訳を頼んだことがあります。

 以上の話はすべて実際に見聞した実話です。
決して中国の女性が堕落しているといっているのではないという事をお断りして、今回の「中国おもしろ情報」は終わりとさせていただきます。


男女の愛情表現を中国語で覚えたいかたは以下の本が参考になります。
男と女の中国語会話術

男と女の会話集 中国語







「中国総合ランキング」に参加中です。
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 出来ましたら応援クリックしていただけますと幸いです。

 
 
「中国おもしろ情報 第1回 中国人の結婚式あれやこれや」へ  「中国おもしろ情報 第3回 中国の不倫あれやこれや(その後)」へ