旧姓のパスポート 新婚旅行 ハネムーン パスポートの姓 名前 名義変更 海外旅行

旧姓のパスポートで新婚旅行 中国旅行 あなたの疑問にお答えします

旧姓のパスポートで新婚旅行/中国へ出発までの準備

旅行会社に旅行の予約を、あるいは航空会社に航空券の予約をした時が旧姓での予約であれば旧姓のパスポートのままで問題ありません。

法的には旅券法の第十条では記載事項に変更を生じた場合には「遅滞なく届け出をするように」とあるようですが。

海外旅行保険もパスポートおよび航空券の名前、つまり旧姓で申し込む必要があります。

現地で怪我や病気になって病院にかかった時はパスポートを見せて帰国後の保険金の請求のために病院の診断書、治療費用明細書、領収書を書いてもらう必要があります。
この時新姓で海外旅行保険に加入していると、保険金の請求必要書類は旧姓のため保険会社との交渉で面倒になります。

旧姓のパスポートで新婚旅行する場合に気をつけなければならないのは 現地でパスポートを紛失して再発行する場合はは新姓になってしまいます。
この場合は航空券の名義が変わってしまうので航空券の名義書換えという面倒がおきます。

月額基本料金がかからないモベルだけの海外携帯は、もうご存知ですか?

また新婚旅行でも夫婦の名前がバラバラのために他人同士と思われて、飛行機の席が離れてしまうこともあります。
ホテルもパスポート名でチェックインということになります。
なお中国では男女が同じ部屋に宿泊する場合は結婚証明書の提出を求められますが、これは外国人の場合には適用されません。

入籍は旅行後にするつもりで新しい姓で航空券を予約した場合はパスポートの姓と航空券の姓が違っているので空港の搭乗手続きカウンターで搭乗拒否されます。
旧姓での予約に変更しなければなりません。
パスポートと航空券の氏名は同じでなければ搭乗できません。

新婚旅行に行く場合(入籍済みであろうとなかろうと)はパスポートはとりあえず旧姓のままのもので、 旧姓で航空券を予約して旅行から帰ってからパスポートの姓を変更あるいは新しい姓で作り直すのがてっとり場合方法です。

「中国総合ランキング」に参加中です。
出来ましたら応援クリックしていただけますと幸いです。