スーツケースの選び方 中国旅行 海外旅行 旅行用品 機内持ち込み手荷物 キャリ−ケース 機内持込みサイズ 荷造り

ホテルの予約 中国旅行

スーツケースの選び方/中国へ出発までの準備

そこそこの買い物の予定があるなら大きなスーツケースです。

個人旅行で買い物の予定があまりないなら機内持ち込み可能なサイズのキャリ−ケース(スチュワ−デスが持ってる小型のスーツケースでコマの付いたもの)です。

スーツケースを探すなら

大きなスーツケースの利点
旅行にゆくとついついお土産を買ってしまいます。
大きなスーツケースだとお土産がなどの荷物が増えても荷造りが楽です。
特に中国などではお茶など重量は軽いのにかさばるものが多いです。
旅行中に洗濯が面倒な人は旅行中の着替え分を用意しておけます。
ホテルにセフティボックスがない場合は現金、パスポートなどを洗濯物などに紛れ込ませて隠しておくことができます。

キャリ−ケースの利点
機内持込みにすれば中国に到着時にターンテーブルで荷物を待つ必要がなくスムーズに空港を出られます。
但しこれは個人旅行の場合の話であって団体旅行で誰か一人でも大きいスーツケースを預けにしている場合はメリットとは言えません。

またキャリ−ケースを機内持込みにする場合は早めに搭乗しないとキャリ−ケースを荷物だなに置くのに手間取って後ろから来る乗客の通り道をふさいでしまうことになりかねません。

通常スーツケースを持ち歩く必要があるのは自宅〜空港、空港〜ホテルの間だけです。
団体旅行の場合は空港〜ホテル間は専用バスでガイドが積み込みしてくれますから実際は自宅〜空港だけの間になります。そういう点から言えば大きいスーツケースは持ち運びに不便だとも言えません。

私も最近は中国へ個人旅行する場合は空港まで車で行ってそこに駐車しておきますから持って行くのは大きいスーツケースです。

なお国際線の機内持込みサイズ制限は航空会社によって若干異なりますが一般的には「タテ+ヨコ+高さ=115cmまで」です。

旅行用品については旅の知恵がいっぱい「地球の歩き方」オリジナルバッグ&旅行用品が参考になります。

「中国総合ランキング」に参加中です。
出来ましたら応援クリックしていただけますと幸いです。