飛行機の座席はどこがいい? 海外旅行 中国旅行 窓側座席 通路側座席 座席の指定

飛行機の座席はどこがいい? 座席の指定 海外旅行 中国旅行 窓側座席 通路側座席

飛行機の座席/日本出国から中国入国まで

一般的に旅行慣れした人は通路側の座席を好むと言われます。

窓側の利点
外の景色が見える。
窓にもたれかかれる。

窓側の欠点
出入りに気を使う。(特に食事後のトイレ)。
直射日光がキツイ。
高所恐怖症の人はダメ。

通路側の利点
自由に出入りできる。
客室乗務員に声をかけやすい。(飲み物の催促の時など)

通路側の欠点
通路を通る人の体があたる場合がある。
飲み物を配るカートが体にあたる場合がある。

私は個人の場合は出入りに気をつかいたくないので必ず通路側を指定します。

中国旅行の場合は飛行時間があまり長くなく、出入りもたびたびはないはずですから初めての土地に旅行される場合は外の景色が見える窓側がオススメです。

最近の飛行機の機内のテレビモニターは現在地の地図が表示されていることが多いので地上の景色の場所の確認ができます。

なお離陸後は空席があれば移動しても問題はありません。
隣の席が空いていた場合はそこを占領してもかまいません。

離陸前にドアを閉める時にパイロットが機内放送で「乗務員はドアモードを、、、、、」と放送します。この放送が流れるともう乗客は乗ってきませんので座席移動ができます。

月額基本料金がかからないモベルだけの海外携帯は、もうご存知ですか?

「中国総合ランキング」に参加中です。
出来ましたら応援クリックしていただけますと幸いです。