中国旅行 クレジットカード 中国で使えるクレジットカード VISA JCB 海外旅行 海外旅行保険 中国情報

中国旅行 クレジットカード 海外旅行情報 VISA JCB  海外旅行保険

中国旅行 クレジットカード必要? 中国で使えるクレジットカード/中国へ出発までの準備

中国旅行においてクレジットカードは絶対必要というわけではありませんが、あったほうが何かと便利です。

私tamaが初めて中国旅行した20年以上も前はクレジットカードを使えるところはホテル、規模の大きいレストラン等に限定されていました。
レストランの入り口にVISAカードのシールが貼っているので精算時にカードで支払いをしようとしたら中国国内専用のクレジットカードでないとダメだと言われたこともありました。

最近は中国もクレジットカード社会になってきたようでクレジットカードでの支払いもそう不便は感じなくなってきました。

クレジットカードを持つ最大の利点はもちろん多額の現金を持ち歩かずにすむことですが、他にも利点はいろいろあります。

例えばホテルにチェックインする時にクレジットカードを持っていないと滞在日数分+いくらかの金額の保証金(デポジット)の支払いを現金で要求されます。
これは部屋代の踏み倒しのみならず、これは部屋代、ホテルでの飲食代金やミニ・バーの利用代金などの不払い防止のためです。
ただしチェックアウト時に精算されますので問題はありませんが。

*クレジットカードで保証をした場合はチェックアウト時に必ず控えを返してもらいましょう。

また現金で保証金を支払う場合には「このお客様はクレジットカードも持つ資格がないのか」とホテル側に思われる場合もあるようです。

またクレジットカードを持つ利点に海外旅行保険が付帯するという点があります。
但し保険会社で販売する有料の海外旅行保険にくらべて若干見劣りする点もあります。

1.旅行代金をそのカードで支払う条件で海外旅行保険が付帯する場合がある。→ゴールドカードは自動付帯
2.病気死亡の場合は補償されない。。
3.補償金額が少ない。→ゴールドカードは有料の海外旅行保険に近い保障あり

そこで1年に1回くらいは海外旅行するならクレジットカードはゴールドカードを所有することをすすめます。
なぜならゴールドカードなら

傷害死亡・後遺障害が最高5000万円まで保障される。
専用空港ラウンジが無料で利用できる。
ホテル・レストランの予約代行をしてもらえる。
24時間サービス・デスクが利用できる。
などという特典があるからです。

できればクレジットカードはもう1枚くらいは所有していたほうがよいです。
その理由は
保険適応の時に傷害死亡・後遺障害を除き最高補償額は合算される。
読み取り機械との相性で使用するつもりのカードが使えないことがある。(特に中国では)
からです。

どうしても1枚だけのクレジットカードというならVISAがおすすめです。
私tamaは中国を含めて180回以上の海外旅行を経験してきましたがクレジットカードを使える店でVISAを使用できないということはありませんでした。
またJCBも中国ではほとんど問題なく使えます。

マイルがどんどんたまる「JALカード」

カードの申し込みから発行までに約1ヶ月程かかります。

海外への旅行、出張、留学、海外に利用できるJTBの世界共通キャッシュカードも便利です。

「中国総合ランキング」に参加中です。
出来ましたら応援クリックしていただけますと幸いです。